美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

敏感肌・アトピー肌

敏感肌やアトピー肌にセラミドが効果的。しかも刺激が少ないのはなぜ?その理由を解説します。

セラミドは敏感肌&アトピー肌の方にこそオススメの美肌成分

敏感肌やアトピーの方が化粧品を選ぶ際に、一番気になるのは「刺激」。どんなに肌に良い成分が入っていても、炎症がおきたり肌状態を悪化させてしまっては元も子もありません。そんな中、低刺激かつ肌に良い成分として有名なのがセラミドです。

なぜセラミドには刺激がほとんどないのでしょうか?

人間は元々自分の体内で生成できる物質に関しては安全と判断し、ほとんど刺激を感じないのだそうです。そのため、人間が生まれた時からお肌にたっぷり持っているセラミドは、すんなりと肌の奥まで浸透できるのだとか。敏感肌・アトピー肌さんにセラミドがオススメな理由

しかしすべてのセラミドが無刺激なわけではないので注意。

ほとんどの動物性・植物性の天然セラミドは大丈夫かと思いますが、酵母などを使い合成した天然型セラミドの場合は肌に反応が出てしまうかもしれません。

完全に別物である疑似セラミドは刺激になる可能性が高いですから、肌に不安がある方はしっかりと成分表示を確認してください。

バリアを作って肌を強くするセラミド

肌に浸透したセラミドは、肌細胞の隙間を水分や油分をしっかり抱え込んで埋めるため、刺激物質が肌の奥へ伝わる導線を塞いでくれます。肌表面にしっかりとバリアを張ることが出来れば、これから生まれてくる肌は確実に今までより強くなってくれることでしょう。

肌が完全に健康になるには、少なくともターンオーバーを複数回繰り返さなくてはなりません。敏感肌から卒業するには、こまめなセラミドの補給と地道な努力が必要です。

ほんの少し症状が改善したからといって別の化粧品を取り入れると新たな刺激になってしまう可能性もありますから、低刺激で自分にぴったりのベストコスメをみつけたら浮気はせず、健康は肌になるまでは一筋で頑張りましょう。

皮膚科でのアトピー治療にもセラミドが使われています

アトピー性皮膚炎は、皮膚にかゆみや荒れなどのアレルギー反応が出てしまう病気で、セラミド不足が引き起こす症状のひとつ。生まれつきの先天性で病気を持っている方もいれば、過度なストレスや過労で大人になってから急に症状が出てしまう方もいます。

どちらにも共通しているのが、特定のセラミド(セラミド1)が不足しているということ。皮膚科ではアレルギー症状を抑えるステロイドと共に、セラミド配合の化粧品やクリームが処方されます。

また、皮膚科の先生が監修したアトピーでも使えるセラミド配合のドクターズコスメも色々な種類があり、病院で紹介してもらえることもあります。

 
美肌のミカタ!セラミド研究会