美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

普通肌・混合肌・脂性肌

普通肌・混合肌・脂性肌のスキンケアにもセラミドが有効な理由を解説します。

トラブルがなくても将来のためにケアの見直しは大切です

特にトラブルがない普通肌の方は特にケアに気を使う必要はない、と思っていませんか?

乾燥肌さんにセラミドがオススメな理由確かに、数年はそのままで大丈夫かもしれませんが、加齢とともにお肌の水分や油分は徐々に失われていきます。同じスキンケアでは追いつかない日がいずれやってくるのです。

何年先も今のきれいなお肌をキープするには、加齢によって失われつつある水分保持機能やバリア機能を保つ成分をたっぷりと補ってあげること。

超高級で特別な成分を使え、だなんて言いません。市販の安価なものでも問題ないので、天然or天然型セラミド配合のものを選んで使うようにしてください。

インナードライにはセラミドを

肌の部位によって乾燥していたり、脂っぽかったりとケアが難しい混合肌や、テカりまくる脂性肌の原因は「乾燥」にあるかもしれないんです。

10代で出てくる皮脂ならともかく、ある程度年齢を重ねた大人の肌が過剰に皮脂を分泌しているのは、実は肌の奥が乾燥したことによる防衛本能。バリアを張ろうと頑張りすぎているんです。

この状態をインナードライというのですが、実は乾燥状態に気づかずに間違ったケアをしてしまう方が大半なのだとか。確かに表面がテカっているのに「乾燥しているのよ!」といわれても正直ぴんときませんよね。

ですが、インナードライが原因となる脂性肌の場合は、ケア用のさっぱりするコスメを使っていてもいつまでたっても症状は改善することはありません。早急にケアアイテムを切り替えるのをオススメします。

皮脂の量を適正に戻すには、きちんと水分補給をすること、そして正常なバリア機能を復活させてあげることが大切。それにも、やはりセラミドがとっても大切なんです。肌の表面から塗布して肌の奥までしっかりと届く保湿成分はセラミドのみ、という説もありますから、浸透しやすい保湿成分をたっぷりと取り入れて乾燥状態を解消してください。

それにセラミド自体は脂質ですが、セラミド配合の化粧水や美容液などは肌表面はさっぱりとするタイプのものも多いため、皮脂分泌が多くてもあまり気にならないと思いますよ。混合肌でもオイリーな部分、乾燥した部分どちらにも良いので、肌状態が異なる部分に気を使ってケアする必要もありませんね。

今までのケアでどうにもならなかった混合肌・脂性肌の方はぜひ一度、セラミドコスメを使ってみてください。

 
美肌のミカタ!セラミド研究会