美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

乾燥肌

乾燥肌にセラミドのスキンケアが最適な理由をご存知でしょうか。

乾燥肌をうるおすセラミドの美肌効果

女性同士でお肌の話をしていると、必ず出てくるワードが「乾燥肌」。よくある肌タイプの1つとしてとらえている人も多いんですが、乾燥状態が長く続くとトラブルだらけの敏感肌・アトピー肌につながってしまうこともあります。

乾燥肌さんにセラミドがオススメな理由お肌を外的刺激から守るバリアは、表面の油分や水分が担っています。その中でも重要視されるのが「細胞間脂質」。肌細胞の隙間を埋めている油分や水分のことで、そのうち40~65%がセラミドで出来ています。

乾燥肌というのは、お肌の水分が足りない状態=細胞間脂質が少ない=セラミド不足ってことなんです。セラミド不足が続くと、肌の隙間から刺激が入り込み、炎症やアレルギー反応を引きおこします。

また、空気に触れる面が多いので肌の水分がどんどん蒸発してしまい、今以上の乾燥状態になってしまうんです。

肌の水分を回復させるには、セラミドが一番効果的

乾燥状態の肌にはどんなケアが一番良いのか?という実験をしたデータがあるんですが…皮脂の成分を肌に塗っても、水分量は回復しませんでした。細胞間脂質に含まれる成分を塗ったところ、水分量は上昇&ガサガサした角質が減少したそうです。

つまり、細胞間脂質の半分以上を占めるセラミドをお肌に与えるのが一番良いってことですよね。

「セラミドばかりを取り上げるけど、ほかの保湿成分ではその効果はないの?」

コスメやサプリ市場では様々な保湿成分が配合されており、どれも「水分をたっぷり蓄える」「お肌ぷるぷる」と書いてあるので、同じような効果があるように思えますよね。では、有名な保湿成分とセラミドはどう違うのでしょうか?

まずは、ヒアルロン酸。こちらは肌の内側で水をぎゅっと貯えて、クッションのように細胞を包んで守ってくれます。ですが、がんばって水分を蓄えても表面にバリアが形成されないと、どんどん蒸発することに変わりはありません。

次にコラーゲンですが、真皮の水分以外、実に70%を占める主成分。繊維状の構造で肌のハリを作り出しています。こちらも表面のバリアが機能していないと外部から刺激を受け、キレイなお肌を形成することが難しくなります。

このように、どんな保湿成分もまずは「セラミドありき」なんです。美肌を手に入れたいと思ったら、どんな美容成分より先に、セラミドを補ってお肌のバリアを正しく機能させることが大切です。

 
美肌のミカタ!セラミド研究会