美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

乾燥肌

乾燥肌にセラミドのスキンケアが最適な理由をご存知でしょうか。

乾燥肌をうるおすセラミドの美肌効果

女性同士でお肌の話をしていると、必ず出てくるワードが「乾燥肌」。よくある肌タイプの1つとしてとらえている人も多いんですが、乾燥状態が長く続くとトラブルだらけの敏感肌・アトピー肌につながってしまうこともあります。

乾燥肌さんにセラミドがオススメな理由お肌を外的刺激から守るバリアは、表面の油分や水分が担っています。その中でも重要視されるのが「細胞間脂質」。肌細胞の隙間を埋めている油分や水分のことで、そのうち40~65%がセラミドで出来ています。

乾燥肌というのは、お肌の水分が足りない状態=細胞間脂質が少ない=セラミド不足ってことなんです。セラミド不足が続くと、肌の隙間から刺激が入り込み、炎症やアレルギー反応を引きおこします。

また、空気に触れる面が多いので肌の水分がどんどん蒸発してしまい、今以上の乾燥状態になってしまうんです。

肌の水分を回復させるには、セラミドが一番効果的

乾燥状態の肌にはどんなケアが一番良いのか?という実験をしたデータがあるんですが…皮脂の成分を肌に塗っても、水分量は回復しませんでした。細胞間脂質に含まれる成分を塗ったところ、水分量は上昇&ガサガサした角質が減少したそうです。

つまり、細胞間脂質の半分以上を占めるセラミドをお肌に与えるのが一番良いってことですよね。

「セラミドばかりを取り上げるけど、ほかの保湿成分ではその効果はないの?」

コスメやサプリ市場では様々な保湿成分が配合されており、どれも「水分をたっぷり蓄える」「お肌ぷるぷる」と書いてあるので、同じような効果があるように思えますよね。では、有名な保湿成分とセラミドはどう違うのでしょうか?

まずは、ヒアルロン酸。こちらは肌の内側で水をぎゅっと貯えて、クッションのように細胞を包んで守ってくれます。ですが、がんばって水分を蓄えても表面にバリアが形成されないと、どんどん蒸発することに変わりはありません。

次にコラーゲンですが、真皮の水分以外、実に70%を占める主成分。繊維状の構造で肌のハリを作り出しています。こちらも表面のバリアが機能していないと外部から刺激を受け、キレイなお肌を形成することが難しくなります。

このように、どんな保湿成分もまずは「セラミドありき」なんです。美肌を手に入れたいと思ったら、どんな美容成分より先に、セラミドを補ってお肌のバリアを正しく機能させることが大切です。

セラミドが乾燥肌にもたらす3つの効果

他の有用成分を活用するためにも、セラミドありきと紹介しましたが、セラミドそのものの効果がはっきりしなければあまり実用的ではありませんよね。

詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

1.角質層の水分量を維持する

スキンケア

セラミドはさまざまな試験が繰り返されており、その有用性においても一定の実績が示されています。

塗布試験、経口投与試験ともに、プラセボとの併用試験を行ったうえで「セラミドは角層内の水分量を保持することができる」と確認されています。[注1]

3週間の試験を行ったうえでの効果になるので、即効性に関してはまだあまり研究はされていません。

角質層の水分量を保持できるという作用は乾燥肌の改善はもちろん、肌のしなやかな柔らかさを保持することにも繋がります。

乾燥する季節になるとあかぎれができて困るという方には、予防としても有用だといえるでしょう。

2.表皮の水分蒸散を抑える

上記と同じような試験を行った際、角室層水分量の他にも乾燥肌を改善するために必要な機能として、「表皮の水分蒸散量」も着目されました。これは読んで字のごとく、肌からどれだけの水分が蒸発してしまっているか、といった確認です。

日々生活しているうえであまり気にすることはありませんが、人体は表皮から水分を蒸発させることで、体温調整などを行っています。

体の健康を維持するためには必須ではありますが、表皮からの蒸散が盛んになってしまえば、皮膚を健やかに保つために必要な水分量まで失ってしまうことになります。

この水分蒸散を正常な状態に維持するために必要になるのがセラミド。そして、これがセラミドの働きの一つである「バリア機能」なのです。

バリア機能には「肌への雑菌の侵入を防ぐ役割とともに、必要なものを皮膚外へ漏らさない」という役割もあります。肌内部の水分量を維持するために、必要不可欠な働きです。

また、上記でも紹介してきたように、セラミドの水分蒸散を抑える効果は角質層内にある他の保湿成分にもかかわってきます。

コラーゲンやヒアルロン酸など、肌内部の水分量を保持する働きをする成分です。

これらは成分そのものに水分を閉じ込める役割があり、独立した状態で角層内に存在します。

しかし、水分をしっかりと蓄えた成分があったとしても、皮膚外に蒸散されやすい状態であったり、他の細胞と連携ができなければあまり意味がありません。

乾燥肌においては何よりも、肌内部に正常な水分量をとどめておくことが大切です。あれこれと保湿成分を摂取するよりも、まずは肌内部を正常に保つためにセラミドを摂取することが大切になるのです。

試験結果においては、塗布試験、経口投与試験、どちらも1、2、3週間ごとに計測した結果、塗布2週間目から水分蒸散量の低下傾向が確認されました。

2週間という期間は、一般的にみられる角層のターンオーバーのサイクルと同じ。このことからもセラミドを用いた角質層の水分維持効果を確認するには、2週間程度使い続ける必要があると考えられています。

3.角質細胞を接着してきめ細やかな肌に

セラミドの働きには、「角質細胞の接着効果」というものもあります。[注3]

この効果に関しては、「レンガ」と「モルタル」を例に考えてみるとわかりやすいでしょう。

お肌の角質層は、レンガのように積み重なった「角質細胞」の間を「細胞間脂質」がモルタル状に隙間を埋め尽くす構造になっています。

この「細胞間脂質」をつくっている成分の一つがセラミド。

セラミドは他のセラミドと吸着する性質があるため、角質細胞そのものを巻き込んでくっ付けてくれるというわけです。細胞間脂質にセラミドが多く含まれていれば、表皮のレベルで見たときにきめ細やかな肌になります。

肌荒れ改善や予防に役立つセラミド

化粧水

「角質層にしっかりと水分を閉じ込めることができる」…セラミドの基本的な働きはこの一言に尽きますが、しっかりと水分を閉じ込められるからこそバリア機能もうまく働きます。

そしてバリア機能を正常に働かせることで、肌荒れに伴う炎症などを抑える作用も期待できます。

これらの総合的な働きによって、肌荒れ改善にも有用性が期待できるでしょう。そもそも肌荒れは乾燥による表皮の剥落や、乾燥によるバリア機能低下に伴う雑菌の侵入を許すことが主な原因です。

セラミドを使用することで角質層の水分量を正常に保ち、バリア機能を回復させることは、肌荒れの根本的な原因の除去にも繋がります。

また、上記で紹介した角質細胞間の接着効果により、表皮の剥落やひび割れ改善にも効果が期待できるでしょう。

目に見える表皮と目に見えない肌内部の水分量保持、あらゆる面から肌を正常に保つよう働きかけてくれるのです。

また、別の面からの効果としては、セラミドには「刺激緩和」の効果もあると考えられています。[注4]

肌荒れ改善はもちろん、そもそも肌荒れを起こさない、肌荒れの進行をとどめるという予防の面からも、セラミドは優秀な成分だと考えられるでしょう。

長期にわたる継続使用で肌の健康を維持できる

上記でも紹介したように、セラミドは角質層内で水分を抱え込むヒアルロン酸やコラーゲンがしっかりと働くために必須な「バリア機能」を持っています。このバリア機能を正常に維持するためには、一定以上のセラミドが必要です。

しかし、加齢や外部からの刺激により、体内で作られるセラミドは減少。これを補うために、塗布、または経口投与の長期連続使用が望ましいとされています。

実際に肌荒れを改善するための実験では、短期摂取、長期摂取では明らかに長期摂取の方が改善しているパーセンテージが大きくなっています。[注5]

短期的な効果を期待しがちですが、長期的な摂取が必要であることを覚えておきましょう。

これはセラミドに限らず、肌ケアを行う際の基本的な考え方です。副作用の報告もないセラミドなので、気長に使い続けてみてはいかがでしょうか。

[注1]日本抗加齢医学会:グルコシルセラミド含有ビート抽出物の皮膚弾力性へ及ぼす影響[pdf]

[注2]日本臨床検査医学会 臨床病理 55巻 3号:植物性セラミドの塗布および経口投与による皮膚保湿効果とその評価[pdf]

[注3]花王基礎科学研究所:皮膚角質細胞間脂質の構造と機能[pdf]

[注4]日本油化学会 オレオサイエンス第11巻第5号(2011):天然成分を利用した機能性活性成分の開発[pdf]

[注5]日本油化学会 オレオサイエンス第1巻第3号(2011):スキンケア化粧品における最近の油性原料及び乳化剤とその展望[pdf]

>>おすすめのセラミド化粧品はこちら

 
美肌のミカタ!セラミド研究会