美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

より効果を感じる使い方

セラミドの力を最大限に引き出すための効果的な使い方や、簡単に自宅でできるスキンケアを紹介します。

肌トラブルを改善させるセラミドの効果的な使い方

セラミドは、肌表面の細胞の間に潤いをため込む働きのある、細胞間脂質の主成分です。

生まれた時の赤ちゃんは、セラミドが豊富でハリのある肌ですが、年を重ねるとセラミドは少しずつ減っていくため、肌に水分を閉じ込める力が弱まり、乾燥しやすい状態になるのです。

セラミドを効果的にスキンケアに取り入れる方法は、化粧水の後に美容液感覚で使用することです。

セラミドを肌にしっかり浸透させる方法

手のひらに適量をとり、顔全体に伸ばした後、両手で顔を包みしっかりとプレスしましょう。次に目頭に指先を当て、手のひらと鼻筋と口元に沿わせてなじませます。手のひらで3秒ほど密着させることで、美容液がしっかりと浸透するのを助けます。

さらに効果的なのは、この成分を塗った後に、クリームなどでバリアをする方法です。また、セラミド美容液の重ねづけも有効です。特に乾燥が気になる部分には、ちょっとべたっとするぐらい多めに塗ってみるのも良いのでしょう。集中保湿することで、美容液が皮膚のおくまで染み込み、しっかりと潤います。特に寝る前などは念入りに塗っておけば、朝起きた時にプルプルになっていますよ。額や鼻などそんなに乾燥が気にならない部分は薄く塗るだけで大丈夫です。

このようにセラミドを美容液のように使い、毎日のケアに一品プラスする方法なら、厳しい乾燥の季節を乗り切ることができるのです。セラミドには肌を潤す効果はありますが、その場にとどまる効果は弱いので、そのままにしておくと再び乾燥してしまいます。しかし、正しい使い方をすると肌の奥からしっとりと潤って、肌あれを防ぐことができます。乾燥を防ぐことでシワやたるみなどの、さまざまな肌トラブルを予防することができるので、セラミドは毎日のケアに取り入れたい美容成分なのです。

 
美肌のミカタ!セラミド研究会