美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

セラミドを増やすスキンケア

セラミドを守る正しいスキンケア方法や、体の内側から増やす食品など、日常生活でできるケアをご紹介します。

セラミドを意識した正しいスキンケアを

日常生活の中で、肌のセラミドを減らしやすい行為は、実は洗顔なんです。肌トラブルの原因は複数あるのに、「汚れがちゃんと落ちていない!」と勘違いして、洗顔回数を増やしてしまうのは本当に危険なこと。

せっかく表面にバリアを張り出した皮脂やセラミドを取り去ってしまい、乾燥肌を悪化させてしまうかもしれないのです。

そもそもセラミドってどんなもの?また、肌を強く洗ってしまうと必要な角質まで剥がれてしまい、角質層が薄くなり肌の奥まで刺激が入り込みやすくなってしまいます。こうなると乾燥だけでなく、シミやシワが出来やすくなり、ますます肌トラブルに悩まされることになります。

セラミドをなるべく減らさない洗顔方法は細かく泡立てて、そっと肌を包み込むように洗います。肌のうるおいを保つために、短時間で済ませるのがポイント。

また、角質を除去するパックなども使用は控えめに。汚れの除去より潤いを与えるケアを優先するのがおススメです。

食事からセラミドを摂れる?

セラミドは体の外側からだけでなく、内側からも作り出すことができます。そのためには「フィトケミカル」という、野菜が持っている自己防衛成分を取り入れることが重要です。色の濃い野菜に多く含まれ、トマトのリコピン、大豆のイソフラボン、人参のカロテンなど、他にも様々な種類があります。

特にセラミドを豊富に含んでいるのが、コンニャク・黒豆・しらたき・ひじきといった、「黒」の食品です。その中でもコンニャクは、小麦や米と比べて7~15倍もの量を含んでおり、一番豊富な食品といえます。

実は、腸で吸収されるセラミドの量は、まだ科学的に解明されていないそうです。セラミドの効果を最大限に引き出すためにも、乾燥肌や敏感肌でお悩みの方は、やはり肌から吸収させるほうが効率がよさそうです。

とはいえ、上記の食品はお肌のためにも体のためにも摂取しておいて損はない食品ばかりですし、栄養バランスが整った食生活は美肌への第一歩ですので、積極的に野菜を取るようにしましょう。

 
美肌のミカタ!セラミド研究会