美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

セラミドの種類による違い

セラミドには種類があることを知っていますか?タイプ別の違いや保湿力の高いセラミド、成分表示ではどう記載されているのかをご紹介します。

肌の中には様々なセラミドが混在しています

セラミドは、スフィンゴイドと脂肪酸の成分を組み合わせたものです。配列の仕方によって、様々なタイプのセラミドがあると分かっています。

人間の肌に存在するセラミドには種類があり、詳しく解明されている7つを紹介します。

主なセラミドの種類

  • セラミド1
    水分保持力とバリア機能で、外的刺激から肌をガードする
  • セラミド2
    高い保湿力を持ち、肌に最も多く存在する
  • セラミド3
    うるおいを閉じ込めることでシワを防ぎ、薄くしていく
  • セラミド4,5
    肌表面にある角質層でバリア層を構成し、維持する
  • セラミド6
    水分を保持しながら、ターンオーバーを正常に機能させる
  • セラミド7
    細胞の増殖と肌に存在する菌のバランスをコントロールする

アトピー肌の場合、セラミド1のバリア機能がほとんどありません。また、歳を重ねることで、セラミド3のシワを防ぐ働きと、セラミド6のターンオーバーが鈍くなります

何から作られたセラミドなのかを意識する

化粧品で使われているセラミドは、作っている原料を3タイプに分けることができます。その1つに、セラミドに似た分子構造なだけで、まったくの別物を、「セラミド」と明記している化粧品もありますので、表示内容は確認しましょう。

天然セラミド

植物や動物などに含まれる、天然のセラミドを抽出して作り出したもの。人が持っているセラミドに似ているので、肌に馴染みやすいのが特徴。

しかし、含まれる量は少量なので、価格が高くなってしまいます。特に馬など動物性の天然セラミドは高めです。成分表示にはセラミドと表記OKです。

活性型セラミド

ヒト型セラミドと言われるほど、人の肌に存在するセラミドと全く同じ構造で作り出しています。天然成分である酵母などを利用して作られ、刺激が少なく、保湿力も高めです。

天然セラミドと同様の効果がありますが、価格は控えめ。さらに原料が酵母なので安心して使えますね。成分表示はセラミドと記載することができます。

疑似セラミド

人が持っているセラミドに近づけるよう、構造を科学的に似せて作りだしたものです。メーカーは、〇〇セラミドのように名付けて表記していることがありますが、セラミドとはまったく別物なのでご注意を。

成分表示にはセラミドとは表記できず、「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」や、「N-(テトラデシロキシヒドキシプロピル)-N-ヒドロキシデカナミド」という科学名で表示されています。成分表示を確認するときは、セラミドという言葉以外もチェックしてみましょう。

今注目の「コンニャクセラミド」

植物性の天然セラミドといえば、大豆・米・トウモロコシ・小麦などから作られたものがほとんどでした。これらには、ほんの少ししかセラミドは含まれていないので、コスメに配合すると価格が跳ね上がる要因になっていたんです。しかし、新たに天然セラミドを豊富に含む植物が見つかりました。ずばり、こんにゃく芋です!なんと麦や米の7~15倍もあるんです。

米・小麦・大豆などは、アレルギー反応を起こしやすい成分ですが、コンニャク芋はアレルギー反応の心配がないので、アトピー肌でも安心して使えるセラミドといえそうです。

ただし、アレルギーは人それぞれですから、使用前にはテストを必ずして下さいね!

 
美肌のミカタ!セラミド研究会