美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

セラミドの種類による違い

セラミドには種類があることを知っていますか?タイプ別の違いや保湿力の高いセラミド、成分表示ではどう記載されているのかをご紹介します。

肌の中には様々なセラミドが混在しています

セラミドは、スフィンゴイドと脂肪酸の成分を組み合わせたものです。配列の仕方によって、様々なタイプのセラミドがあると分かっています。

人間の肌に存在するセラミドには種類があり、詳しく解明されている7つを紹介します。

主なセラミドの種類

  • セラミド1
    水分保持力とバリア機能で、外的刺激から肌をガードする
  • セラミド2
    高い保湿力を持ち、肌に最も多く存在する
  • セラミド3
    うるおいを閉じ込めることでシワを防ぎ、薄くしていく
  • セラミド4,5
    肌表面にある角質層でバリア層を構成し、維持する
  • セラミド6
    水分を保持しながら、ターンオーバーを正常に機能させる
  • セラミド7
    細胞の増殖と肌に存在する菌のバランスをコントロールする

アトピー肌の場合、セラミド1のバリア機能がほとんどありません。また、歳を重ねることで、セラミド3のシワを防ぐ働きと、セラミド6のターンオーバーが鈍くなります

セラミド1~3の種類別にみるメリット

人の身体には、数種類のセラミドが存在します。しかし、その中でも特に重要なのがセラミド1~3

それぞれにどのような働きがあるのか、詳しく見ていきましょう。

セラミド1

セラミド1は角質層に多く存在する成分で、主に細胞間脂質をつなぐ役割を果たしています。

細胞間脂質が隙間なくつなぎ合わされることで、肌が滑らかになり外部からの刺激にも負けない丈夫な肌を作ることができます。

また、バリア機能を高めてくれる働きもあるので、敏感肌やアトピー性皮膚炎など肌の弱い方におすすめです。

セラミド2

セラミドの中でも、肌に最も多く含まれている成分。優れた保湿力を持っており、セラミド2の量によって肌の乾燥具合が左右されると言われるほどです。

保湿力が高いことから、肌の乾燥を抑えるスキンケア商品に配合されていることが多いですが、セラミド2は頭皮にも含まれているため、髪のトリートメント剤にも使用されています。

年齢とともに減少しやすいという特性があるので、加齢によって肌が乾燥しているなと感じる場合は、セラミド2が配合された化粧品を使うといいでしょう。

セラミド3

セラミド2と同様、保湿力に優れた成分。また、年齢と共に減少しやすいという特性もセラミド2と同じで、不足すると肌の乾燥をまねく原因になります。

乾燥を防ぐスキンケア商品に多く使われているため、乾燥肌を改善したい、または、乾燥によってできる小ジワを消したいという方におすすめ

さらにセラミド6が一緒に配合されている化粧品を使えば、保湿と共に肌のターンオーバーを促すこともできるので、小ジワ対策に効果的です。

何から作られたセラミドなのかを意識する

化粧品で使われているセラミドは、作っている原料を3タイプに分けることができます。その1つに、セラミドに似た分子構造なだけで、まったくの別物を、「セラミド」と明記している化粧品もありますので、表示内容は確認しましょう。

天然セラミド

「天然セラミド」とは、主に植物や馬の脳、脊髄(せきずい)からとれるセラミドで、別名「セレブロシド」や「ビオセラミド」「ウマスフィンゴ脂質」と呼ばれることもあります。

人の角質層に存在している天然保湿成分の一種で、水分保持力が非常に高く美肌に欠かせない保湿成分です。

このような動物由来の天然セラミドは、人間の角質の細胞間脂質と構造が非常によく似ているので、肌になじみやすく保湿力にすぐれています。

他にも、壊れてしまった肌のバリア機能や肌荒れを改善する効果があるため、乾燥肌やアトピー性皮膚炎の方の保湿に使われることが多いです。

しかし、どんな天然成分であってもアレルギーが生じる可能性があります。なぜなら天然セラミド100%の商品ではなく、少なからず他の原料も混ざっている商品が多いからです。

敏感肌やアトピー性皮膚炎の方が使用する場合は、必ずパッチテストを行うようにしましょう。

また、天然セラミドは少量しか採取できないため、価格が高い傾向にあります。特に、動物性の天然セラミドは希少なことから他の天然セラミドと比べて価格が高いようです。

活性型セラミド

ヒト型セラミドと言われるほど、人の肌に存在するセラミドと全く同じ構造で作り出しています。天然成分である酵母などを利用して作られ、刺激が少なく、保湿力も高めです。

天然セラミドと同様の効果がありますが、価格は控えめ。さらに原料が酵母なので安心して使えますね。成分表示はセラミドと記載することができます。

疑似セラミド

人が持っているセラミドに近づけるよう、構造を科学的に似せて作りだしたものです。メーカーは、〇〇セラミドのように名付けて表記していることがありますが、セラミドとはまったく別物なのでご注意を。

成分表示にはセラミドとは表記できず、「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」や、「N-(テトラデシロキシヒドキシプロピル)-N-ヒドロキシデカナミド」という科学名で表示されています。成分表示を確認するときは、セラミドという言葉以外もチェックしてみましょう。

今注目の「コンニャクセラミド」

植物性の天然セラミドといえば、大豆・米・トウモロコシ・小麦などから作られたものがほとんどでした。これらには、ほんの少ししかセラミドは含まれていないので、コスメに配合すると価格が跳ね上がる要因になっていたんです。しかし、新たに天然セラミドを豊富に含む植物が見つかりました。ずばり、こんにゃく芋です!なんと麦や米の7~15倍もあるんです。

米・小麦・大豆などは、アレルギー反応を起こしやすい成分ですが、コンニャク芋はアレルギー反応の心配がないので、アトピー肌でも安心して使えるセラミドといえそうです。

ただし、アレルギーは人それぞれですから、使用前にはテストを必ずして下さいね!

 
美肌のミカタ!セラミド研究会