美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

美肌のミカタ!セラミド研究会 » 素肌美人になるためのセラミド講座

素肌美人になるためのセラミド講座

セラミドの働きや種類による違い、日常生活での効果的な取り入れ方について紹介しています。

そもそもセラミドとは?美肌のための基礎をマスター

お肌の救世主「セラミド」の基礎講座人間の肌は、何十にも重なった角質層の表面にバリアが張られた状態が保たれています。

このバリアは皮脂や細胞間脂質という物質で構成されており、肌の奥の水分が蒸発するのを防ぎ、肌表面から刺激物質が伝わるのをブロックしてくれる、非常に重要な役目を持っています。

このサイトで注目している「セラミド」は、細胞間脂質の40~65%を占める、肌にとって無くてはならない物質。セラミドが不足してしまうと、肌のバリア機能が弱くなって角質に傷がつき、肌の回復速度も遅くなってしまいます。さらに肌の隙間から水分が蒸発し、肌の内部が乾燥状態に。いわゆる「敏感肌」状態になってしまうんです。

これを防ぐには、日常生活で刺激に気を配ることはもちろん、お肌の外側からコスメでたっぷりとセラミドを補給してあげることが大切。セラミドは元々人間の体の中にある物質なので、お肌にとてもやさしく低刺激。化粧品の成分に過敏になっているお肌にもすんなり馴染み、バリアを再構築するために働いてくれます。肌表面のバリアがきちんと機能すれば、肌はどんどん刺激に強くなり、キメの細かいキレイな状態に変わっていくのです。

健康的で美しい素肌を手に入れたいなら、まずはセラミドの効果や種類について簡単に学んでおきましょう。さらに、日常生活で肌を守るための注意点や、セラミドの一番有効な取り入れ方などもご紹介していきます。

実際に敏感肌で悩んでいた私の肌状態の変化をまとめた記事も書いてみましたので、コスメ選びの参考にしてみてくださいね。

セラミドってどんなもの?

セラミドはもともと肌の内側に存在する保湿成分。肌細胞の間に油分や水分を抱え込む「細胞間脂質」という成分をつくり出す役割を果たしています。

細胞間脂質が作り出されることによって肌の乾燥を防ぐことができます。つまり、セラミドは肌を保護するために欠かせない大切な成分なのです。

セラミドは年を取ると徐々に減っていき、50歳では20歳の頃と比べると半分ほどになるとも言われています。セラミドが減少すると、肌の水分が失われてハリやツヤがなくなり、高齢の肌特有のくすみやシワの原因となってしまうのです。

ですから年齢を重ねた肌の対策には、まずセラミドを十分に補給し、肌の水分量をアップさせることが先決です。

またセラミドは、外的刺激から肌を守るバリア機能も果たしており、バリア機能が弱っている敏感肌の方にもおすすめできます。特に肌荒れやかゆみを引き起こすアトピー性皮膚炎の方は、セラミドを積極的に補給すべきとされています。

ここではこのようなセラミドが肌へもたらすメカニズムを詳しくご紹介しています。

セラミドの種類による違い

人間の肌でつくられているセラミドにはいくつかの種類があります。ここでは代表的な7つのセラミドについてご紹介しています。

最も重要なのはセラミド1~3で、セラミド1は肌を滑らかにし、外部からの刺激から守る役割を果たしています。セラミド2は肌に最も多く含まれ、強い保湿力を持っています。年齢とともに減るため、化粧品などで補うのがおすすめです。セラミド3にも高い保湿力があるので、乾燥や乾燥ジワをケアしたい方には積極的に取ってほしい成分です。

セラミドの入った化粧品を買う時には、何から作られたセラミドなのかをチェックすることがとても大切。例えば植物や動物由来の「天然セラミド」は、肌になじみやすく、保湿力に優れていると言われています。

活性型セラミドは人の肌にあるセラミドと似たような構造で作られており、価格は控えめですが低刺激で強い保湿力があります。他にもセラミドに似せて作られた「疑似セラミド」の見分け方や、最近注目を集めている新しいセラミド「コンニャクセラミド」についても詳しく解説します。

セラミドを増やすスキンケア

セラミドを増やすためには正しいスキンケア方法と食生活を心がけることがとても大切です。

特に重要なのは洗顔の方法。ゴシゴシ洗う、一日に何度も洗顔を繰り返すことは、必要な角質や皮脂、セラミドまで落としてしまい、乾燥やシワ、シミの原因となってしまうので注意が必要です。

セラミドの減少を防ぐには、洗顔料を細かく泡立て、刺激しないように短時間で洗うのがポイントです。

また、栄養バランスの整った食生活は美肌づくりをサポートします。コンニャクをはじめとした、「フィトケミカル」という自己防衛成分が多く含まれている野菜はセラミドを多く含んでいます。

食事に含まれるセラミドが体内で吸収されるメカニズムはまだ解明されていない点が多く、スキンケアでセラミドを補うのが効率的だとも言われています。ですが、健康的な食生活が体に良いことは間違いないので知っておいて損はありません。

化粧品で取り入れるのが正解

ここではセラミドをスキンケアで取り入れた方が良い理由と、正しいセラミドケアの方法を詳しく解説しています。

セラミドを摂取するには化粧品を使うかサプリメントを飲むという方法がありますが、実は化粧品で取り入れる方が比較的効率的とされています。なぜなら、サプリメントで取り入れたセラミドが体内でどう作用するのか、まだ解明されていない部分が多く、仮に体内で吸収されたとしても全てが肌のために作用するとは限らないからです。

その点、化粧品は、角質のすみずみに働きかけますし、すぐに肌表面で水分を抱え込みます。化粧品メーカー各社はセラミドのパワーを高めるために吸収率を上げたり、他の成分とかけ合わせたりと日々研究を進めていますから、よい化粧品を使う方がより手早くスキンケアをすることができます。

そんなセラミドの力をより高く発揮するには、肌の生まれ変わりのリズムであるターンオーバーを正常にすることもとても大切です。セラミドを肌にしっかりと貯えるには、「肌のゴールデンタイム」とされる、午後10時から午前2時に良質な睡眠を取ることがおすすめです。

編集部のイチオシ化粧品使ってみましたレポ

セラミド研究会で口コミ評価1位の化粧品「モーニュ」のお試しレポートをご紹介します。

今回、モーニュを試してみたのは、乾燥性敏感肌に悩む34歳の編集部メンバー、サオリ。合わない化粧品を使うとすぐに肌トラブルを起こしてしまうサオリが、セラミド化粧品「モーニュ」のトライアルセットを使用した結果を報告しています。

ここではセットに入っていた洗顔、化粧水、乳液、クリームについてレポート。エアリーでふわふわの泡が特徴的な洗顔料、肌に吸い込まれるような軽さが心地よい化粧水、伸びが良くてやさしい乳液、乾燥から肌を守ってくれるクリームの使用感を写真付きで詳しく紹介しています。

また、使って1日後、7日後、1年後の肌の変化もレポートしていて、肌荒れが気にならなくなり、水分たっぷりのモチモチ肌に変わっていく様子も解説。友人から「エステに行ったの?」と聞かれるようになり、今ではセラミド研究会メンバーにもモーニュ支持者がたくさん増えました。ぜひその詳しい体験記を参考にしてみてください。

ヒト型セラミドとは?

話題の成分、ヒト型セラミドについて説明しています。

ヒト型セラミドとは、人間の肌に存在しているセラミドと構造がとても似ているセラミドのことを言い、浸透力が高く低刺激なのが特徴です。

敏感肌の方でも使いやすいと言われているヒト型セラミドは醤油や酒の製造時に発生する発酵粕から抽出されます。石油原料から合成される「合成セラミド」、動物由来の高価な「天然セラミド」、米、麦、こんにゃくなどから摂れる「植物セラミド」とは異なります。

ヒト型セラミドは他の美肌成分と一緒に取り入れることで、より肌をサポート。三大保湿成分であるコラーゲンと合わせると肌の弾力や健やかさを保つことができ、ヒアルロン酸と共に取り入れると潤いの保持力が高まるとされています。また人の皮膚や軟骨に存在するプロテオグリカンと合わせることでも、保湿力が高められます。

その他、ヒト型セラミドを見分けるための成分表記についても解説しています。

セラミドをおいしく食べよう

セラミドは化粧品で補給するのはもちろん、食事などでも積極的に摂取することがおすすめです。

セラミドが多く含まれている食材は米、小麦、大豆、牛乳などですが、特に多いのはこんにゃくで、こんにゃく100gには1日に必要な摂取量のセラミドが含まれています。特に生芋こんにゃくにはセラミドが最も多く含まれているので意識して取り入れるようにしましょう。

ここではこんにゃくをおいしく食べるために、アレンジレシピ2品「こんにゃくを使ったピーマンのチーズ焼き」「こんにゃくと人参の胡麻マヨ和え」の作り方も紹介しています。簡単でお子さんも食べやすいアレンジなのでぜひ挑戦してみてください。

不足しがちなセラミドは毎日の食材で補うことが大切ですが、毎日必要な摂取量を取れないという方は、サプリメントを活用するのも良いでしょう。過剰摂取は良くないので、食品とサプリメントのバランスを調整しながら続けていくようにしましょう。

 
美肌のミカタ!セラミド研究会