美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

エラスチン

エラスチンは、セラミドやコラーゲンといった美容成分と同じように、人の体にもともとある成分です。そして、体の動きや肌のコンディションを保つために重要な役割をもつ成分です。

ここではそのエラスチンが私たちの体の中でどのような働きを担っているのか、エラスチンを外から補うことの大切さについてご紹介します。

体内にあるエラスチンの働きとは?

エラスチンは、弾性繊維と呼ばれる体内のたんぱく質のことです。わかりやすく言うと、肌のプルプルとした弾力やハリを保つコラーゲンを結びつける働きがあります。

エラスチンは、肌だけではなく血管や靭帯にも存在していて、肌の弾力や血管の柔軟性、靭帯の伸縮性を維持するのに役立っています。

エラスチンの保有量は、25歳頃をピークに40歳頃まで緩やかに減少していきます。年齢を重ねるにつれてシワやたるみといった肌トラブルを起こしやすくなるのは、このエラスチンの保有量が少なくなるためです。

このことから、化粧品でもエラスチンの役割に注目されていて、積極的にエラスチンを配合した商品が開発されるようになりました。

化粧品で補うエラスチンは効果が違う?

弾力とハリのある肌に保つためには、エラスチンを補うことが大切です。しかし、私たちの体中にあるエラスチンと、外部から補うエラスチンは異なる働きをします。ここでは、それぞれの役割について詳しく見ていきましょう。

体内にあるエラスチン

体内にあるエラスチンは、真皮に存在していてるたんぱく質です。

肌のハリや弾力を保つ役割があり、例えるなら肌にとって変えのきかないパンストのような存在です。伸縮性は、肌が適度に引きしまったラインをキープにするために欠かせず、その量は年齢によって変動していきます。

また、エラスチンの量は赤ちゃんの頃は少なく、成長期前の若い時期に多くつくられます。そのため、若い時期につくられたエラスチンは、新しく入れ替わることがほとんどありません。

外側から補うエラスチン

化粧品など外部から補うエラスチンは、肌の表皮で保湿成分のひとつ。エラスチン自体が水分を抱え込んで、肌のうるおいをキープします。

つまり、体内のエラスチンのような肌の弾力アップではなくて、保湿力アップが目的ということになります。そのため、いくら外からエラスチンを取り入れてたとしても、体内のエラスチンが直接増加するわけではありません。

補うエラスチンに期待できる効果

保湿というのは美肌の基本ですが、以外と難しいスキンケアのアプローチです。

ここで覚えておきたいのは、保湿。保湿というのは、肌に必要な水分が適量で保たれている状態を指します。この水分量はその人の肌質や、その時のコンディションにも大きく左右されるのです。

美肌になるには、適度な水分を与えることが必要です。ただし、水分が少なすぎても問題ですし、逆に多すぎても過乾燥を招き肌が乾燥することがあります。肌に適量な水分を保持させる面で、エラスチンの保湿は大きく貢献してくれます。

保湿成分には色々な役割がある

保湿サポートに優れた美容成分はいくつか存在しますが、その中でもエラスチンは別格です。それは、もともと体にある成分なので肌と相性もいいですし、高い保湿力ももっていから美肌づくりに強力なサポートをしてくれるからです。

保湿する美容成分のアプローチは

  • 外気の水分を吸収する
  • 水分を包み込んで保つ
  • 水分を肌の間にはさんで保つ

という役割に分類されます。

エラスチンはこの働きの中でも、水分を包み込んで保つという働きに当てはまります。エラスチンが表皮や角質層で水分を包み込むため、湿度の変動に左右されることなく水分量をキープすることができるのです。

エラスチンとセラミドの相乗効果

エラスチンとセラミドは一緒に使うことで、さらに高い保湿力を発揮することができます。どちらも保湿成分ですがエラスチンとセラミドには、それぞれ違ったアプローチがあるからでしょう。

外側から補うエラスチンは水分を包み込んで肌の表皮を保湿し、セラミドは水分をはさみ込んで角質層を保湿します。つまり、両方を使うことによって、表皮から角質層まで肌をしっかりと保湿することができるのです。

また、セラミドは、肌細胞の隙間の水分だけではなく適量な油分も守る働きもあります。そのため、湿度が急激に変化する環境でも乾燥に強いコンディションを保つことができます。

表皮の水分を包む「エラスチン」、角質層に水分をはさみ込み乾燥から肌を守る「セラミド」。それぞれを組み合わせることで、お互いの長所をより生かすことができるでしょう。美肌をつくるためには、バランスよく取り入れたい成分です。

エラスチンは増やそうとするのではなく維持させる

エラスチンは加齢によって減少しますが、活性酸素の働きによりさらに減少が進みます。活性酸素が活発になる状況は紫外線に当たること、ストレスにさらされること、喫煙をすることが当てはまります。

そういったリスクを避けるためにも万全な紫外線対策、ストレスの解消、筋炎をするといったアクションでエラスチンの減少を防ぐことができます。

また、エラスチンの働きを手助けする栄養がほしいのならルテインやビタミンA、亜鉛といった栄養素をバランスよく摂るようにしましょう。エラスチンは一度破壊されると修復するのが難しいので、今あるエラスチンをキープしていくことが大切です。

 
美肌のミカタ!セラミド研究会