美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

コラーゲン

コラーゲンの保湿効果と成分についての解説、セラミドと一緒に使った時の効果をまとめています。

バネ状の弾力でハリとうるおいを与えるコラーゲン

コラーゲンは、肌はもちろん関節や内臓など体のあらゆるところに存在している成分です。タンパク質のうち、30%はコラーゲンで出来ているそうですから、こちらもヒアルロン酸同様、体にはなくてはならない成分ですね。

肌表面から取り入れた場合は、おもに保湿成分として働きます。網目状の構造をしており、網目の間に油分や水分を抱え込んで弾力を生み出します。肌を押し上げることで、うるおいを保ちながらハリを作りだすそうです。

コラーゲンの美肌効果をチェック25歳くらいをピークにコラーゲンは徐々に減少していきます。また、紫外線や喫煙などによっても失われていくため、歳をとったり肌に刺激がたくさん当たる生活を繰り返しているとシワやたるみが出始めるのです。

そこでコラーゲン入りの化粧品を使いたい…のですが、普通のコラーゲンはタンパク質であることに加えて分子が大きいため、なかなか肌に浸透してくれないんです。

「ナノ化」「低分子化」など、なるべく小さな分子のものを選べば、効率よく保湿成分が行き渡り、充分な効果が得られます。

それぞれ肌の違う部分でパワーを発揮

肌は、表面の部分に「表皮」、深層部分に「真皮」があります。真皮の70%はコラーゲンで作られていて、表皮の一部の「角質層」にも存在し、高い保湿力で潤いを逃しません。セラミドは真皮や肌の潤いを守るため、バリアとして働きます。セラミドが外側から内部のコラーゲンの働きをサポートすることで、コラーゲンがハリのあるつややかな肌を作り出すことができるのです。

ただし、注意点が一つ。実は、化粧品などで皮膚に塗布したコラーゲンは真皮ではなく、その手前の角質層までしか届きません。

網目状の部分に水分や油分をため込んだり、バネの効果でハリのある肌を作ったりする保湿効果を期待することはできますが、新しい肌が生まれる手助けはコスメでは難しいのです。

真皮の形成には食事などで取り込んだ成分が使われるため、もしも肌が生まれてくるところにアプローチしたいのであれば、コラーゲンはコスメとサプリメント、両方取り入れたほうが良いかと思います。

 
美肌のミカタ!セラミド研究会