美肌のミカタ!セラミド研究会

セラミドの美肌&保湿効果を徹底調査してみました

セラミド化粧品ランキング

編集部のイチオシ♪セラミド化粧品レポ

シェルシュール

セラミド配合化粧品ブランド「シェルシュール」について、配合されたセラミドの種類や商品特徴、口コミを紹介しています。

敏感肌のことを考え抜いて開発された「シェルシュール」

シェルシュール
画像引用元:DSR公式オンラインショップ
https://www.dsr-co.jp/c/
cherchoeur/advanced_setB

自分のお肌に合う化粧品を見つけるのが難しい敏感肌の人のために、お肌のバリア機能を高めることに重点を置いて開発されたのが、ヒト型セラミドを活用したシェルシュールです。

皮膚科学に基づいた4ステップのケアで、健やかで美しいお肌を手に入れるお手伝いをしています。

  • ステップ1:摩擦が置きにくい柔らかいクレンジングジェルで、お肌のバリア機能を損なわないようにしつつも、しっかりと汚れを落とします。
  • ステップ2:天然保湿因子を補うことを目的とした化粧水でうるおいアップを目指します。
  • ステップ3:セラミド配合の美容液で角質層のバリア機能を果たす角質細胞間脂質のはたらきをサポートします。
  • ステップ4:ジェルやクリームでお肌表面を弱酸性に保つための皮脂を適度に補っていきます。

要となるヒト型セラミドは、ヒトの肌に含まれる11種類のうち、5種類をカバー。それぞれが相乗効果を発揮し、単体配合よりも効率よく肌バリア機能をサポートしてくれます。

他にも、天然保湿因子や皮脂疑似成分など、ヒトの肌に近い成分を加えることで肌なじみや浸透性の良さを追求。

ライン使いすればより高いスキンケア効果を期待できますが、単体でも十分使える化粧品も多く、ひとつひとつのコスメの品質の高さが伺えます。

セラミドの種類

シェルシュールシリーズの化粧水には、ヒト型セラミドが0.2~0.6%の割合で配合されています。

セラミド研究会メンバーの口コミ評価【シェルシュール編】

敏感肌なので、今までのほとんどの化粧品は、使うとお肌がヒリヒリしていました。しかしシェルシュールはお肌に全く刺激を感じないので、感動ものでした。

毎日のお手入れが楽で、しかも保湿効果がしっかりあるので、愛用しています。セラミドが大事と言われている理由が分かった気がします。

お肌の調子に合わせて使い分けています。毛穴が開きニキビが出てきたなと思ったら化粧水を変更して、改善することができました。

保湿アイテムを使う時は必ずセラミド入りのものを使っています。じわじわシェルシュールの成分が浸透してきて、もっちりとした素肌になったと感じます。

わたしは頻繁にニキビができる体質のようなのですが、シェルシュールで改善できたので、良い商品に出会えたと感じています。特に刺激を感じることもなく、気になる箇所に毎日塗っています。

保湿力がしっかりしていること、香りがほぼなくて気にならないこと、白浮きもしないことで気に入っています。メイク下地としても優秀だと思いました。何よりもお肌への負担を全然感じないのが、本当に嬉しいです。

シェルシュールを使った後はすごくさっぱりして、すっきり感を感じます。それでいて乾燥が気にならないよう、しっかり保湿されているのがスゴイです。Tゾーンや小鼻など、皮脂が気になる部分に使うのが特に良いと思いました。

人型セラミドが入っているということで気に入っています。しっかり潤うので、朝の洗顔がこれ一本だけで大丈夫で、時間がない時もすぐにスキンケアが完了するので助かっています。

シェルシュール一つでお手入れ済んでしまうので、スキンケアが楽になりました。数日使っていますが、お肌のキメが整ってきて、調子が良くなっている気がします。わたしのお肌に合っているようで嬉しいです。

ラインナップとその他の美容成分

NMFモイスチャライザーP

洗顔後の肌に使用し、次に使用する美容液の浸透性をサポートする保湿美容液です。高濃度アミノ酸などの天然保湿因子(NMF)を配合しており、肌の内側からうるおいをチャージすることが可能。

また、これ1本だけでケアする人を想定し、角質層のバリア成分である人型セラミドを4種(1、2、3、6Ⅱ)同時配合しています。さらに透明感のある肌へと導く天然成分アスタキサンチンも配合し、エイジングケアも両立。

スキンケア成分たっぷりの美容液でありながら、使用感はローションのように軽いので、化粧水代わりにも十分使えます。

種別 セラミド配合
保湿成分 グリセリン、プロパンジオール、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、ヒアルロン酸Na、1,2-ヘキサンジオール、エチルヘキシルグリセリン、ベタイン、ソルビトール

モイスチャーマトリックスN

ヒトの肌になじみやすいヒト型セラミドを高濃度配合した保湿美容液です。

ヒトの肌には11種類のセラミドが存在しますが、モイスチャーマトリックスNはほぼ半分に相当する5種類ものヒト型セラミドを配合。

複数のセラミドを配合することで、より肌に近い状態で失われたバリア成分の補給をサポートできます。

もちろん数だけでなく濃度にもこだわっており、乾燥肌や乾燥性敏感肌の方が5プッシュ程度で必要なセラミドを補給できるよう、0.6%という高濃度配合を実現。

さらにバリア機能をサポートするビタミンB誘導体をプラスし、ダメージに負けない強い肌づくりを応援します。

種別 セラミド配合
保湿成分 グリセリン、プロパンジオール、1,2-ヘキサンジオール、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51、エチルヘキシルグリセリン、ベタイン、ソルビトール

モイストバリアジェルA

肌の角質層にある保湿バリアのチャージを目的としたジェルタイプのクリームです。

ヒトの保湿バリアとほぼ同じ奥像のバリアソームを高濃度配合しており、1日あたりわずか1gで足りないセラミドをしっかり補うことができます。他のラインと同じく、5種類のヒト型セラミドを採用しているので、肌なじみの良さは抜群。

保湿美容液の後に使用するのが一般的ですが、皮脂に似た成分や天然保湿因子も含まれているので、オールインワンジェルとしても活用できる優れものです。

種別 セラミド配合
保湿成分 グリセリン、プロパンジオール、1,2-ヘキサンジオール、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51、エチルヘキシルグリセリン、ベタイン、ソルビトール
 
美肌のミカタ!セラミド研究会